金沢 派遣看護師 ランキング

IVH(CV)輸液管理方法

IVHというのは、中心静脈栄養の事です。
経口からの摂取が困難で、末梢輸液では必要なエネルギーを確保できない場合に使用します。
末梢からの輸液というのは、血管炎を起こしやすいんです。
その為、長期間に渡っての輸液が困難ですし、必要な栄養量を補う事も困難です。
ですから、胃瘻の造設が出来ない患者さんにもIVHはとても有効です。
その他にも、化学療法の時のラインとしても使用されます。(^?^)

 

しかし、IVHは、気胸、血胸、皮下気腫、動脈穿刺、感染、血栓形成、血糖値の変動、
電解質の変動などの合併症もあります。
IVHを使用する時には、輸液管理と患者さんの観察がとても大切になります。

 

管理方法として、最初に、挿入部位に、出血や発赤、疼痛がないかどうかを観察します。
そして、挿入部のテープがはがれていないか、2ヶ所以上しっかりテープが止まっているか、それに、
1週間に1度はIVHの挿入部の消毒をします。
IVHフィルターやルート内に沈殿物がないかを確認します。
血液製剤や脂肪製剤は、フィルターを通過しないので、途中で滴下が止まってしまいます。
ですから、薬剤を投与する時には、フィルターを通してよい物かどうか、確認をします。
そして、IVHがダブルやトリプルの場合には、薬剤の間違いを防ぐ為に、白や青などのカラーのテープを貼って、
ラインを分かりやすくしておきます。
そうする事で、ミスを防止する事ができます。
IVHは高濃度で高浸透圧なので、高血糖になりやすいんです。
血糖チェックをして、観察する事が大切です。
高血糖の状態を放置してしまうと、脱水などの全身状態が悪化してしまう場合がありますから注意が必要です。>_<

 

IVHは滴下数が速くなると身体への負担が大きくなりますから、調整をこまめに行なう必要があります。