金沢 派遣看護師 ランキング

患者さんだからって何を言っても許されるっていう風潮は止めて頂きたい!毎日、患者さんから暴言吐かれて辛い態度を取られたら嫌になりますよ!それも仕事のうちって言う発想が分かりません!もっと臨床心理士を増やして、患者さんの心のケアを看護師だけに押し付けるのは止めて!

最近は、患者さんが医療従事者に向かって、俺は患者様だ、〇〇様と呼べとか、誰に向かって命令しているんだとか、
罵声を浴びせるというケースがとても増えています。
以前だったら考えられない事です。
昔は、医療従事者に対して文句をいう患者さんなんていませんでした。
むしろ、良い治療をしてもらう為に、患者さんが医療従事者に気を使っているという感じでした。
患者さんに罵声を浴びせられると、治療を受けるつもりがないのであれば、退院してください、と言いたくなってしまいます。
でも、そのような事を言える訳がないので、心の中にはいつもモヤモヤが溜まっています。

 

患者さんの中には、自由が利かない入院生活や、病気を抱えている不安や苦痛からくるストレスを、
看護師に八つ当たりする事で発散している方が沢山います。
暴言を吐いたり、物を投げられたり、叩かれたり、気が弱い看護師は、泣き出してしまうんです。
そして、患者さんも、そのような言いやすい看護師をターゲットにして、文句を言ってくるんです。
文句を言われるのも仕事のうちだという発想も間違っています。
患者さんだったら何を言っても許されると思っている風潮を、何とかしなくてはいけないと思っています。
患者さんのストレスを和らげて心のケアをする為に、もっと臨床心理士を増やす必要があると思うんです。
患者さんのケアを看護師だけに任せられていては、私達看護師のほうが精神的に参ってしまいます。
私達だって皆さんと同じ人間ですから、暴言や暴力を受ける事によって、精神的に病んでしまいます。
このままでは、患者さんに悩まされる医療従事者がどんどん増えてしまい、
医療現場がおかしくなってしまう可能性もあると思うんです。
早急に何か対策を取る必要があると思います。