金沢 派遣看護師 ランキング

7:1看護のデメリットを教えて!

病院での看護師の配置人数は、15:1、13:1、10:1だったんですが、
2006年に診療報酬が改定された事で、7:1看護が新しく創設されました。
7:1看護は、患者さん7人に対して看護師が1人という割合なので、患者さんに対して手厚い看護をする事ができて、
患者さんにとっても看護師にとってもメリットが沢山あります。
病院にとっても、入院基本料が加算されるので、収入が上がるといったメリットがあります。
メリットばかりが大きいと思われている7:1看護なんですが、実はデメリットもあります。(=Q=j

 

多くの病院が7:1看護をとっていますが、都心部の病院や、規模が大きい総合病院や大学病院は、
7:1看護に合わせてスタッフを増員する事ができています。
しかし、地方の病院や金銭的に余裕がない中小の病院などは、採用にお金をかける事が難しい為に、
なかなかスタッフの確保ができない、といった状態です。
その為、待遇が良い都心部の病院に人が集まってしまっています。
地方の方も都心部に進出している為、都心部の病院については、かなり人員に余裕ができていると思います。
逆に、地方や中小の病院は、看護師不足がますます深刻になっています。(>_<)
さらに、ギリギリの看護師の人数で7:1看護を行なっている病院もあり、そのような病院では、
スタッフの1人でも長期の休みなどを取得すると、定数が満たなくなってしまいます。
そうすると、看護師不足ですからすぐにスタッフを補充する事ができず、診療報酬が下がってしまうところもあります。
そのような病院では、有給休暇が定められていても、なかなか取得する事ができなかったり、看護師一人一人の負担が増えるなどして、
働きにくい職場に変わってしまう事も少なくありません。(T_T)